まめがく

誰でも一度は考える疑問や謎を「豆知識+雑学」で解決!

焼き網に魚の皮がくっつかないようにするには?

f:id:ztgk201809:20180910163727j:plain

 

魚に酢を薄く塗ろう

魚を焼くとき、網に皮がこびりついてしまいがちです。

網焼きすると美味しい魚ですが、後処理のことをかんがえるとどうしても億劫になってしまいますよね。

網をよく熱してから魚をのせれば多少は防げますが、それでも焼き上がるころには皮が網にベッタリ。

何かいい方法はないものかと考えてみたら、ありました。

「動物性たんぱく質は酢の力で凝固する」という性質を利用すればいいのです。

焼く前に魚に酢を塗っておけば、表面のたんぱく質が固まって、網にくっつかなくなります。

ただし酢をつけすぎると、魚の身が固くなって味が落ちますから、はけかキッチンペーパーなどを使って薄く塗ること。

酢の匂いは、火を通すと完全に飛んでしまうので風味が変わることもありません。

焼き上がりは、皮がきれいで網の掃除も楽ちんです。

素材の性質をちょっとだけ科学的に見れば、料理も合理的で快適にできる、という見本のようなものですね。